気を付けることが多い妊娠初期!体調の変化に注意

妊婦さん
このエントリーをはてなブックマークに追加

体重管理をしっかり行う

看護師

妊婦は胎児へ栄養や酸素を送り込んで命をはぐくんでいます。元気な赤ちゃんを産み育てる為にも、毎日の食事は栄養バランスのよい食べ物をとるように心がけましょう。妊婦健診をきちんと受け、体重管理や血圧をチェックし、塩分を控える食事を摂りましょう。

もっと詳しく

新しい生命

妊婦

一番大切な時期

新しい生命が宿るのは女性のみです。女性の体はその生命のために大きく変化していきます。妊娠に気づく時期も人によって違いますが、大体はいつもある生理が遅れて発覚します。生理が遅れることがよくある人は、あまり分からない時もありますが、遅れるのと同時に他の体調不良が表れてきます。いつもよりも疲れやすかったり、眠かったり、食欲が起こらない等、いつもと違う状況を妊娠初期に感じる人が多いです。そこから妊娠しているかどうか確かめることになりますが、最初は妊娠検査薬で調べる人がほとんどです。妊娠初期は妊娠したことへの不安等で気分が落ち着かないこともよくあります。またつわりが始まると、思うように体が動かず、仕事も手につかない人がいます。

自己管理の重要性

妊娠初期で気を付けなければならないことは、たくさんあります。まず、自分の体調管理です。つわりがひどい場合は、会社を休んだり早退や遅刻等してしまうこともあります。あまり早い段階で会社の上司に伝えるのが嫌な場合は、体調がすぐれない時に理解してもらえるような環境が望ましいです。どうしても理解が難しいような会社の場合は、正直に妊娠している旨を伝えるのも大切なことです。妊娠初期にあまり動きすぎると流産する可能性も高まります。安定期に入るまではなるべく穏やかに過ごせる環境が必要です。また、見た目では妊娠しているとは分かりにくいため、人の多い所に行くとき等は細心の注意が必要です。母子手帳をもらうと、妊娠中のキーホルダー等がもらえるので、そういったものをつけて注意を回りに促すのも大切なことです。

妊娠中に必要な栄養素

婦人と赤ちゃん

妊婦にとってカルシウムは必要不可欠です。胎児の骨は、母体のカルシウムから形成されています。乳製品や大豆など豊富にカルシウムを含んでいる食材を選びましょう。また、普段の食事だけでなく、サプリメントなどで補うことも重要です。過剰な摂取も身体に良くありませんので、適度に工夫して取り入れることが重要です。

もっと詳しく

体外受精による不妊の治療

医者

大阪のレディースクリニックでは、体外受精や顕微授精による不妊治療を行っています。体外受精をすると、卵管性不妊や重度の男性不妊でも子どもをもうけることができます。体外受精は保険外ですので全額自己負担になりますが、行政に申請をすると補助金が支給されます。

もっと詳しく