不安定な妊娠初期は油断大敵です|最大の配慮をしましょう

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中に必要な栄養素

婦人と赤ちゃん

食事に気を遣う

妊婦にとってカルシウムは重要な栄養素です。通常の成人女性に比べ、約1.5倍のカルシウムが必要と言われています。胎児は骨を形成するために、母体からカルシウムを摂り入れます。生まれてくる赤ちゃんが健康体で生まれるためには、妊娠初期から十分なカルシウムの摂取が必須なのです。また、もし妊婦でカルシウムが不足してしまうと、胎児へのカルシウムは母体の歯や骨から摂り入れることになります。つまり、歯や骨が溶けて健康を害してしまうのです。カルシウムが豊富な食品は、乳製品や干しエビ、大豆などです。他にも、バジルや海藻などにも豊富に含まれるので、海藻をサラダに使ったり、トッピングにバジルを加えるなど工夫してみましょう。

摂り過ぎにも注意が必要

妊婦にカルシウムは必要不可欠ですが、過剰に摂取し過ぎるのも良くありません。摂取し過ぎると、高カルシウム血症になる恐れがあります。吐き気や便秘など、妊婦に良くない症状が出てくるのです。最近では、サプリメントで摂取も出来ます。出来る限り食事から摂ることを心がけて、食事で足りない時はサプリメントで補いましょう。どの食材にどのくらい含まれるか気にするのも大切です。サプリメントの過剰な摂取も良くありません。食事で足りない分を補うのが理想的です。食事で十分に摂取出来ている時は、サプリメントを無理に飲む必要はありません。また、ビタミンDはカルシウムの吸収に効果的な成分です。一緒に摂ることでより効率よく吸収することが出来ます。