不安定な妊娠初期は油断大敵です|最大の配慮をしましょう

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

体外受精による不妊の治療

医者

体外受精は究極的な不妊治療であり、タイミング療法や人工授精でも妊娠できなかった時に実施されます。体外受精を行うと、卵管性不妊の女性や精子の数が極めて少ない重度の男性不妊でも赤ちゃんが授かる場合があります。体外受精をするには高度な医療技術が必要になりますが、大阪のレディースクリニックは医療水準が高いので、体外受精による不妊治療を行っています。大阪のレディースクリニックでは更に高度な医療技術が要求される顕微授精をすることも可能です。体外受精や顕微授精を成功させるためには、卵子を傷つけないようにすることが重要になります。大阪のレディースクリニックではピエゾICSIによる顕微授精を行っており、卵子を傷つけずに不妊治療をすることが可能です。

体外受精や顕微授精による不妊治療は保険診療の適用外になり、健康保険を使うことができないので注意が必要です。治療費は50万円から60万円程度で全額自己負担になりますが、申請すると行政から補助金を受け取ることができます。体外受精や顕微授精は年齢が若いほど成功する可能性が高くなるので、可能な限り20代から30代の前半のうちに治療を受けることが大切です。30代の後半から40代になると妊娠できる可能性が低くなるので注意します。大阪のレディースクリニックでは受精卵凍結も行っており、受精卵を冷凍保存することができます。受精卵凍結ができる期間は2年間であり、2年を過ぎると冷凍保存した受精卵は不妊治療に使うことはできなくなります。